listing_01
プロモーション ネット広告全般 投稿日:2016.05.12

費用対効果を高めやすいリスティング広告

ウェブマーケティングでよく耳にするリスティング広告ですが、どんな広告かご存じですか?
リスティング広告は独自ドメインでネットショップの売り上げを上げるために、必ずと言っていいほど利用する重要な広告なので、外注するにしても少しは知識があった方がいいと思います。

リスティング広告(検索連動型広告)

GoogleやYahoo!と言った検索エンジンでキーワード検索を行った際に、真っ先に目にするのがこのリスティング広告です。
リスティング広告は通常の検索結果より上部に出たり、側面、最下部にも出るので、クリックされやすく、効率よくアクセスを獲得できます。

なぜリスティング広告が重要なのか?

リスティング広告がなぜ費用対効果が上がりやすい広告と言われているか、かいつまんでご説明していきます。

購買意欲があるユーザーだけにアピールできる

例えば、「シューズ 通販」というキーワードで検索している人は、少なからずシューズを通販で買いたいと思って調べものをしていると予想されます。
また、検索をしているユーザーは確実に意欲が高まっている状態なので、その瞬間にアピールすることで、リスティング広告は他の広告よりも購買率が高くなります。

クリック課金制

リスティング広告は広告がクリックされて初めて課金される仕組みになっているので、無駄な広告費が発生しにくく、使った分のみの請求となるので予算に応じた運用が可能です。
また、リスティング広告では登録したキーワードごとにクリック単価の設定が可能なので、購買に繋がりやすいキーワードに絞っての掲出も可能です。

運用しながら費用対効果の最適化が可能

リスティング広告はキーワードごとのデータを見ながら、効果の高いキーワードを上位に出したり、逆にコストがかかっているのに効果の低いキーワードを停止するなど、細かく運用をすることで費用対効果を高めていくことが出来ます。

キーワードによってマーケティングができる

リスティング広告を運用をしていく中で効果の高いキーワードが出てくれば、それは一番ユーザーに響くキーワードと言えるので、そのキーワードをキャッチコピーに入れたり、商品名に起用することで、購買率を高めることが出来ます。
また、効果の高いキーワードが特定されれば、そのキーワードに対してseo対策をすることで、自然検索からの流入も見込めるようになります。

リスティング広告を始めるには?

リスティング広告の配信をするには、広告代理店に外注するだけでなく、自分で管理をすることも出来ます。
自分でリスティング広告の管理を行う場合は、まずアカウントの開設が必要となります。

Google AdWords(グーグルアドワーズ)

Google AdWords

Googleを含む幅広いネットワークに配信が可能です。
最近はスマホの方が検索が多いので、圧倒的にGoogle検索が利用されており、新しく始める場合は、Googleのリスティング広告のみでもいいくらいです。
また、同じリスティング広告の管理画面内で、リマーケティング広告と呼ばれる、一度訪問したユーザーに対してバナーで追いかけていく形の広告も配信が出来るので、合わせての利用をお勧めします。

Yahoo!プロモーション広告

yahooプロモーション広告

Yahoo!を含む検索ネットワークに配信が可能なリスティング広告です。
どちらかと言うと、主婦や年齢層の高い方など、昔からそのまま使っているリテラシーの低いユーザーが多いイメージです。
特にスマホの配信量はかなり少ないので、Googleと併用での利用をお勧めします。

リスティング広告の前に、まずは受け皿を整えてから。

せっかくリスティング広告をかけて集客しても、肝心のリンク先ページがしっかりしていないと、ざるに水を流している状態になってしまうので、ランディングページなど、受け皿を整備してからリスティング広告をスタートしましょう。

ランディングページやリマーケティング広告については各ページでご紹介します。

Pocket

あわせて読みたい記事