page_match_main
サイト構築 LPO 投稿日:2017.03.23

広告やページタイトルとページのテーマは一致していますか?

リスティング広告やリマーケティング広告、またはSEOで上がってくるページのタイトルは、その文章を見てユーザーが興味を持ってクリックしてきます。
したがって、ユーザーが興味を持ったタイトルの内容と、いざページに入ってきた時の内容に不一致があればあるほど、ユーザーは直帰しやすくなります。
ここでは、タイトルとページのアピールポイント(テーマ)の合致度を上げる方法をご紹介します。

タイトルとページのテーマを合致させる方法

メインのキャッチで訴求する

リスティングやSEOでは様々なキーワードからアクセスを獲得できますが、まず一番重要になるのはページTOPのメインのキャッチコピーの部分です。
ここに広告やページタイトルにも使っていないような、的外れな文章が記載されていると、広告やページタイトルに興味を持って入ってきたユーザーに違和感を与えてしまいます。
また、一番メインで獲得していきたいキーワードに関連する内容になっているかも重要です。
ある程度の類義語はユーザー自身が頭の中で変換してくれますが、メインのキーワードがぶれてしまうとテーマそのものがぶれてしまうので、必ずメインのキーワードはキャッチに入れるように心掛けましょう。

ページのテーマを明確にする

商品販売用のLPなのか、記事を読ませるのか、比較ランキングなのか、ページのテーマをまず明確にすることでユーザーの混乱を防ぐことが出来ます。
例としては、記事を読ませて誘導するページにもかかわらず、広告文やページタイトルで「ランキング」というようなアピールをしてしまい、率直に商品のランキングを目当てに訪問したユーザーに対して面食らった状態にしてしまうような状況です。
ランキングであればランキングとして、記事コンテンツであれば記事コンテンツの内容をメインにタイトルやキャッチを統一することで、ページ全体のテーマをわかりやすく強調できます。

広告やページタイトルとテンションを合わせる

よく「激安!」や「絶対お得」など、広告ではものすごく購買をあおるような文章になっていて興味を持たせてクリックさせた割りに、ページの中ではフラットなテンションで販売をしているというケースが見受けられます。
こちらはユーザーがクリックした後にがっかりする状態が考えられ、おのずと直帰率が上がり、広告の場合は無駄クリックに終わるケースが多くなります。
ページのテンションに合わせて、広告文やページタイトルを設定すること、また広告文やタイトルに嘘や偽りがないことが重要なカギとなります。

リスティング広告の鍵はキーワードと広告文とページの一致

リスティング広告においても、効果を上げるには検索キーワードと広告とページの内容が、いかに一致しているかが一番重要になります。 そのために、キーワードごとにいくつもの広告グループに分けて、広告の中にキーワードを入力して作成することがポイントとなります。 また、広告からリンクしたページの内容が、広告の訴求内容と合致していること、ユーザーが興味を損ねないままの状態で、カートまで進んでもらえるコンテンツかが重要になります。

上記のポイントを踏まえて、今一度広告やページタイトルの見直しを検討されることをお勧めします。

キーワード

Pocket

あわせて読みたい記事