simple_item_01_main
サイト構築 ECサイト構築 投稿日:2016.08.01

単品通販はメリットがいっぱい

単品通販とは、主に1商品、もしくはそれに付随する商品だけを通販で販売していく販売方法です。
幅広い商品を扱う総合通販に対して、商品数が少ないからこそ出てくる単品通販のメリットが多くあります。

単品通販のメリット

単品通販のいいところは、商品数が少ない分、余分なコストや作業が減ることによって、優先的な業務に集中できるところにあります。

1つの商品に焦点を当ててアピールできる

単品通販ではサイト全体で1つの商品の紹介をできるので、オリジナリティやこだわり、開発の秘話など、多くの情報をユーザーに伝えることができます。

商品開発に資金を投入しやすく、原価も抑えやすい

単品通販は一つの商品に集中して商品開発ができるので、商品開発や改善のコストも低減でき、独自性の高い売れる商品を作りやすくなります。
また、単品通販は1つの商品を大量に作ることで、材料費も安く抑えることができます。

在庫管理がしやすい

単品通販は1つの商品のみを扱うことで販売出数が把握しやすく、在庫管理が簡略化できます。

顧客対応や発送業務の効率が良い

顧客からの質問返答や電話対応も、単品通販は1商品のみなのでテンプレートや対応マニュアルを作りやすく、発送業務も簡略化しやすくなります。

改善点を集中して見れる

ページの転換率や経由サイト別の効果測定など、単品通販は一つの商品にスポットを当てて見ていけるので、問題点やその改善点を見つけやすくなります。

広告費を集中して投下できる

単品通販は1つの商品に優先して広告をかけることができ、効果測定も集中してできるので、短期的に広告の効果を上げやすくなります。

単品通販に向いている商材

単品通販に向いている商材

単品通販は毎日利用(消費)するような商品が向いています。

健康食品

サプリメントや飲料など、単品通販の代名詞ともいえる商材です。
常に新しい成分が世に出回るので、新規の参入でも単品通販で爆発的に売れる可能性があります。

化粧品

競合が多く新規参入は敷居が高いイメージですが、単品通販で固定客を増やせれば、同じブランドの別商品として、横展開での販売も見込めるため、単価を上げやすくなります。

食料品

産地などでオリジナリティを出しやすく、昨今の健康志向で、低農薬野菜や果物などの食材を、そのまま送る商品も増えています。

リピーターや定期購入を増やして効率よく収益化

単品通販の成功の鍵は、いかにリピーターを増やし、定期購入顧客を増やすかにかかっています。
ここで、リピーターや定期購入を増やすには、主にどのような方法があるかを簡単にご説明します。

お試し購入から引き上げる

サプリや化粧品でもよく行われる手法ですが、お試しセットや、初回割引、特典などで敷居を下げて、まず購入数を増やし、そこからステップメールや電話などで、定期購入に繋げていきます。
初回無料のランダムなユーザーよりも、多少でもお金を出して買ってくれた顧客のほうが引き上げ率がよく、コストも削減されるので、最近ではお試しセットから利益を確保した金額を設定している企業も増えています。

いきなり定期購入を促す

単品通販は通販業界でも歴史があり、長年研究されてきている中で、意外といきなり定期購入される顧客がいるというところが昨今注目されてきています。
通常購入よりも定期購入の割引や特典を目立たせて、いきなり定期購入に申し込んでもらうことで、客単価をあげられるので、売り上げの見通しも建てやすくなります。
また、最低3回購入するまでは解約できないというような条件を購入時に設けて、解約しにくくさせる方法もあります。

単品通販をするなら定期購入専用のカートを使う

定期購入を促したい単品通販においては、カートも単品通販の定期購入に適したカートを選ぶ必要があります。
単品通販に適したフォーム一体型LPや定期顧客への自動メールなど、専用に作られているカートを使うことで、より効率よく単品通販の収益を上げることができます。

キーワード

Pocket

あわせて読みたい記事