bestbuy
サイト構築 投稿日:2017.04.28

売れる商品を作るために行うべきこと

現在、ネットショップで買えないものはないほど、商品が飽和していると言えるネットショップ業界において、後発で成功を収めるには入念な下準備が必要です。
ネットショップを始めるにあたって、まずどんな商品であれば売れるのか、事前のマーケティングがその後を左右する重要なポイントになってきます。
ここでは、そのマーケティングの方法と、売れる商品にするための基本的な手法をいくつかご紹介します。

現在売れている商品を見つける

いくら商品が飽和しているからと言って、0からニーズを作り上げるのは至難の業です。
そこで、まずは現在どのような商品が売れているかの事前調査が重要になってきます。
市場調査をするにあたって効果的なのは、検索のトレンドと、モールなどでの売れ筋商品を探すことです。

人気の検索キーワードを調べる

Googleトレンド

https://trends.google.co.jp/

ここ数ヶ月で急上昇しているキーワードの動向を見ることが出来ます。
商品ジャンルのキーワードを入力することで、そのジャンルの中でよく検索されているキーワードが見えてくるので、そこにヒントがあるかもしれません。

Google AdWords (キーワードプランナー)

https://adwords.google.com/

入力したキーワードの類似語なども含めて、年間のキーワードの検索推移を閲覧できます。
検索が多いキーワードはニーズがあると考えられます。
使用するには、AdWordsのアカウントを登録後に、ツール>キーワードプランナーを開きます。

Yahoo!プロモーション広告(キーワードアドバイスツール)

https://business.yahoo.co.jp/

Googleのキーワードプランナーと同様にキーワードの検索数を閲覧できます。
Googleと数字が異なる場合が多いので、両者を踏まえての数字を把握しましょう。
こちらもYahoo!ビジネスマネージャーから広告管理ツールのアカウントを登録し、ツール>キーワードアドバイスツールに進みます。

現在売れている商品を探す

オークファン

http://aucfan.com/

Yahoo!オークションや楽天オークションで現在売れている商品を探すことが出来ます。
ここに売れる商品のヒントが隠れていることが多いです。

Amazon

https://www.amazon.co.jp/

言わずと知れた通販の大手ですが、Amazonの検索エンジンはA9という独自のシステムで、検索したキーワードからの売れ筋商品が検索結果に上がりやすいシステムになっています。
また、売れているけれども供給が追い付いていないような商品を探すのにも向いています。

売れているジャンルの商品をまねる、もしくは改良版を作る

一か八かでニーズがあるかどうかもわからない、新しい商品を市場に投入しても、売れる保証は全くありません。
そこで、現在売れていてなおかつ、まだまだ供給が追い付いていないような商品が狙い目になります。
既に供給過多になっているような商品ジャンルはあとから参入しても、競合が多すぎて勝てないからです。
まずは売れている商品や成分をまねて少し価格帯を下げた商品で攻めていくか、もしくは現在売れている商品の改良版のような商品を開発し、後発でも追い付いて行くかのが、失敗しにくい戦い方と言えます。

ぜひ参考にしてみてください。

Pocket

あわせて読みたい記事