Ads
プロモーション アフィリエイト 投稿日:2018.09.20

アフィリエイト広告の活用方法|アフィリエイトメディアの種類、出稿方法まとめ

成果報酬型広告とも呼ばれるアフィリエイト広告。

ネット上の広告をユーザーがクリックし、リンク先のサイトで商品購入や会員登録などの行動を起こした場合のみ、報酬がアフィリエイトメディアに報酬が発生する仕組みの広告です。

アフィリエイト広告の最大のメリットは、その費用対効果。

現在では多くの企業がアフィリエイト広告を利用していますが、実際にその優れた費用対効果を十分に発揮し、利益へとつなげていくためにはどのような活用をすべきなのでしょうか。

どうすればアフィリエイト広告を出すことができる?

アフィリエイト広告は企業の出稿した広告を、アフィリエイトメディアと呼ばれる個人サイトや法人サイトに掲載されることで広告の露出が開始されます。

つまり、出稿主の広告がアフィリエイトメディアに選ばれなければ、広告は開始されません。かつてはこうしたアフィリエイトメディアへと、広告主が直接交渉をしていましたが、近年ではASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)が、この業務を仲介し、広告主とメディアをつないでいることもあります。

ASPは複数のメディアへ一度に掲載依頼をかけることができ、効率の良い広告出稿が行えます。

アフィリエイトメディアの種類

アフィリエイトメディアには、幾つかの種類があり、大別すると法人化されたメディアと個人サイトの2つに分けられます。

さらに、この2つの区分けの中にも、さらに分野が細分化されています。こちらではその中から代表的なものを幾つか紹介します。

法人サイト

専門&価格比較サイト:業種や商品に特化したサイトで、化粧品であれば「@コスメ」や自「価格.com」などがこれにあたります。

広告枠を販売することも多いサイト。出稿する広告の商品や分野と合致していれば大きな効果が期待できます。またこれらのサイトはSEO的にも強く、検索エンジンでの上位露出が期待できることもあります。

ポイントバックサイト:「JALマイレージバンク」や「永久不滅.com」など、自社サイトの会員に向けた法人サイトで、会員が広告から会員登録などした場合、ポイントを還元します。

このタイプのサイトは、多くの会員に向けた広告の露出ができるのがポイント。ただし、ポイント目当ての会員も多く、商品の購入など金銭的な負担を狙うのであれば、出向先のサイトを慎重に選ぶ必要があります。

個人サイト

個人ブログ:もっとも一般的なのは個人が趣味で作っているブログサイトに広告を出稿する方法。

個人のブログであるだけに、集客力は総じて高くありませんが、多くのサイト・ブログに広告を掲載してもらえれば高い効果が期待できます。また、特定分野の第一人者や、多くのフォロワーをもつインフルエンサーを見出し、広告出稿を行えるのであれば非常に高い効果が見込めることも。

SEMサイト:個人が商品やサービスの紹介サイトを作成し、SEO対策やリスティングを行うことで検索サイトの上位表示を獲得しているサイトです。

影響力や、検索エンジンへの露出も高いのがメリットですが、自社のサイトや商品紹介のページと競合する可能性があります。

比較検討&商品レビューサイト:個人の運営する特定の趣向に特化した情報サイト。

ユーザー同士のつながりも強く、分野が合致すれば意欲の高いユーザーへの効果的な広告の打ち出しが可能です。

広告の効果的な運用法は?

アフィリエイト広告は、成果報酬性のため広告出稿の成果を確認するためには、売り上げや会員登録の件数などが、判断のための指標となります。

そのためには

①多くのサイトへの掲載を目指す
②優良なユーザーが利用するサイトへ広告を出稿する
③優良なユーザーが利用するサイトの効果的な掲載位置を確保する

ことが大切です。

やみくもに広告を出稿するのではなく、あなたの出稿する広告と親和性の高いサイトをできるだけ多く発見し広告出稿を依頼していきましょう。

予算が潤沢にある場合はASPを活用し、大々的なプロモーションを行うことも有用、予算がない場合は個人へアフィリエイターへの地道な働きかけた有用です。

また、こうした広告出稿は一度出して終わりではなく。稼働率を見ながら最適な掲載サイトをふるいにかけながら選んでいく努力も必須。

貢献度の高いアフィリエイターや法人サイトを見つけたら、多くのリソースを投じて広告を出稿していく。地道で手のかかる作業ではありますが、これがアフィリエイト広告の基本であり極意です。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事