Affiliate
プロモーション アフィリエイト 更新日:2020.04.14

オープン型ASPとクローズド型ASPの違いって?アフィリエイトを始めるにはどちらが良いの?

インターネット通販やコンテンツマーケティングなど、インターネット関連の事業に携わっている方なら、「ASP」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ASPとは、「Affiliate Service Provider(アフィリエイトサービスプロバイダ)」の略称。インターネット広告を出稿する広告主と、広告をウェブサイトに掲載するサイト(メディア媒体)運営者との間を仲介するインターネット広告代理店を指します。

ちなみにアフィリエイトとは、ウェブサイトに提携企業の商品・サービスなどの広告を掲載し、その広告から一般ユーザーが購入や登録などのアクションを起こせば、事前に定めている成果報酬がサイト運営者に支払われる、という仕組みを差します。

では、ASPをさらに2種類に分けた「オープン型ASP」と「クローズド型ASP」では、どのような点が異なるのでしょうか。

オープン型ASPとは

オープン型ASPとは、基本的には誰もがアフィリエイト申請が利用できるASPを指します。門戸が広く開かれているイメージです。

例えば、オープン型ASPの国内最大手のA8.netの場合、個人・企業かかわりなく、審査なしでアフィリエイター登録することができます。また、取り扱い商材・案件の内容も幅広く、多数の大手企業が広告主として利用している点も安心感があります。

また、A8.net独自の「ファンブログ」という、ブログアフィリエイトが即できるシステムも提供したり、初心者向けのセミナーやアフィリエイターと広告主の交流イベントなどを開催したりと、個人ブロガーのアフィリエイト活動をサポートしています。

クローズド型ASPとは

クローズド型ASPとは、オープン型と反対に「門戸が閉じられた」ASPです。つまり、誰もが自ら申請できるのではなく、基本的にクローズド型ASPからスカウトされることで提携手続きを行うことができる仕組みとなっています。

どのようなアフィリエイターがスカウトされるかと言えば、アクセス数が多かったり、特定の商材・サービスを紹介していたり、という「広告主にとって広告出稿してメリットがある」と判断された場合です。

中にはアフィリエイター側から登録申請することも可能ですが、オープン型とは異なり、厳しい審査を経なくてはいけません。

クローズド型のメリットとしては、すでに評価を得たサイトがアフィリエイターとして認定されているため、オープン型よりも報酬単価が高く設定される点が挙げられます。

サポートもASPの担当者から手厚く受けられるため、効果が高く得られると期待できます。クローズド型ASPのなかで代表的な企業は、上場もしているレントラックスが挙げられます。

まずはオープン型ASPからスタート!

「オープン型ASP」「クローズド型ASP」と分かれるように、一口にASPといっても形態が異なることはお分かりいただけたでしょうか。

これからアフィリエイトを行いたい初心者の方は、まずはオープン型ASPからチャレンジしましょう。そこでアフィリエイトについてのノウハウを習得し、サイトを育てていけば、報酬単価が高い設定のクローズド型ASPから声がかかるかもしれませんよ。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事