自動車業界にみるサブスクの現状
プロモーション その他 更新日:2021.09.24

自動車業界にみるサブスクの現状!若年層のライフスタイルに合った自動車サブスクリプションサービスとは

エンターテインメントから日常品関連まで、幅広い分野で浸透しているサブスクリプションサービス(以下サブスク)。

自動車業界もまた多分に漏れず、車を購入するのではなく、毎月定額で使用することができるサブスク形式の契約方法が、各自動車メーカーから提案されています。

そこでここでは、自動車業界におけるサブスク市場の現状について、ご紹介します。

自動車サブスクリプションサービス市場規模予測データ

2021年3月、(株)日本能率協会総合研究所は、ビジネス情報提供のための専⾨サービス「マーティング・データ・バンク」(MDB) にて、自動車サブスクリプションサービス市場を調査し市場規模を推計しました。

その結果として、「2025年度の自動車サブスクリプションサービス市場は500億円となる見込み」との予測が発表されました。

自動車サブスクリプションサービス市場規模・予測
※『自動車サブスクリプションサービス市場規模・予測』(MDB公式サイトより)

これは、2019年の「20億円」と比較すると、6年間で25倍に成長する見込みがあることを意味しています。

自動車のサブスクのメリットとは

自動車のサブスクとは、毎月定額を支払うことで、契約した期間自動車を利用できるサービスを指します。

契約途中での他車種への変更もできるため(プランによって限定されるなど条件あり)、様々な車種が楽しめ、ファッション感覚で乗り換えられるなど、ドライバーの要望に柔軟に対応できるメリットがあります。

また、契約期間が数か月から数年と選べるため、自動車購入よりも気軽にチャレンジしやすいのも強みとなっています。

というのも、このサブスク料金には、車両本体の料金のほか、車検やメンテナンス、諸税、保険(自賠責保険、任意保険)などの費用も含まれています。

※従来のカーリースでは、任意保険はほぼ含まれていないため、個人で任意保険に加入しておかなければいけません。

自動車購入における金銭的なハードルの他、物を所有しない新しいライフスタイルの価値観に合ったサービスとして、これまで自動車購入に興味がなかった若年層の潜在ユーザーの中でも認知度が高まり、普及していっているのです。

ライフスタイルに合わせたサービス展開

これまで自動車の保有を様々な観点からライフスタイルに組み込まなかった(組み込めなかった)層を中心に、自動車の新しい活用方法や自動車自体の魅力の認知を拡大させている、自動車サブスクサービス。

今後ますますの市場拡大予測により、さらに利用者がトライしやすい契約プランが各メーカーから提案されると期待できます。

消費者のライフスタイルを見極め、市場の在り方さえも変えてしまう新サービスに、これからも目が離せません!

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事