コンテンツマーケティング
プロモーション その他 投稿日:2019.01.10

単品通販にコンテンツマーケティングは有効?コンテンツマーケティングの意味とその効果

商品のことを知ってもらいたい。ひいては購入してもらい、長期的なリピーターになってもらいたい!

単品通販を行うECサイト事業者の方が切実に願うのが、安定した新規顧客と優良顧客であるリピーターの獲得・維持ではないでしょうか。

そのためにはマーケティング戦略が必須ですが、むやみに広告を打ってみても、思いのほかCPAが高くなってしまったり、その割にコンバージョンが全く上がらなかったりすることは珍しくありません。

そこでここ数年、存在感を高めているのが「コンテンツマーケティング」。広告とは異なるマーケティング手法ながら、上手くはまれば集客力の高いツールとなります。

そこでここでは、コンテンツマーケティングについて簡単にご説明し、単品通販におけるコンテンツマーケティング成功事例をご紹介します。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツ(英語表記“contents”)とは、直訳すれば「中身」「内容」を意味します。ですがメディア関連における「コンテンツ」とは、単なる内容を超えた「情報、メッセージ」を意味するのです。

コンテンツは大きく分けて「モバイルコンテンツ」「デジタルコンテンツ」「ウェブコンテンツ」の3分野がありますが、ECにおけるコンテンツマーケティングの場合、最後の「ウェブコンテンツ」が対象となります。

ウェブコンテンツとは、ウェブで閲覧できる記事やサービスなどの情報のこと。ニュースサイトやまとめ系サイトなどがあり、またSNSでの投稿もコンテンツに含まれます。

そしてこのウェブコンテンツを使って集客し、最終的に自社商品の購入まで誘導するのが「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツ作成時の注意点

コンテンツマーケティングを行う場合、やみくもに記事を掲載しても最終的な購入にまでは至りません。

そのためまず基本として、取り扱う商品のジャンルや性質、対象ユーザー(どのような物を求めている、どのような状況の人が欲するアイテムなのか、など)をはっきりとさせ、それらの条件に沿った内容の情報を発信するコンテンツを作成・公開します。

たとえば美容グッズを販売するECサイト向けのコンテンツなら、シーズンごとや年代別に多い肌悩みに関する対策方法、美容に良い食材を使ったレシピなどを紹介したり、食品系のECサイト向けのコンテンツなら、食材が持つ栄養素やその効果、食品アレンジレシピ、旬の食材情報などを随時更新していく、といったコンテンツが想定できます。

これらの情報を知りたくて検索で偶然やってくる新規ユーザーから、定期的にコンテンツをチェックするリピーターまで増えれば、後は商品購入サイトにまで誘導します。

もちろんユーザー全員が商品購入にまで至る訳ではありませんが、コンテンツを入口として、商品やブランド・企業自体を認知してもらうきっかけ作りになり、また商品やブランドのファンにまでなってもらえる可能性も高まるのです。

単品通販にもコンテンツマーケティングは有効?

では商品数が少ない、もしくは1アイテムのみの取り扱いである単品通販に、コンテンツマーケティングは有効なのでしょうか?

結論から言えば、うまく商品の特性をとらえ、潜在ユーザーが求める情報を的確に発信し続けることができれば、集客から誘導、購入の後押しへと有効に働くと推測できます。

またリピーターに対しても、常にユーザーにとって役に立つ情報を与え続けられれば、定期的にサイトに訪問するため離脱することが少なくなります。

そのためには、コンテンツ作成時にできればSEO対策も踏まえてターゲットキーワード(記事テーマ)を選ぶことも重要です。

事例:プロアクティブ

ニキビケアブランドのプロアクティブを販売するガシー・レンカー・ジャパン株式会社は、オウンドメディアとしてニキビケア応援サイト「ニキペディア」を運営しています。

ニキペディアでは、ニキビに関する情報を広く網羅することで「月間90万PV」を稼いでいます。

記事中の問題解決に役立つ自社商品を紹介することで、通常のECサイトのみと比較して格段に購入層を広げていると推測できます。

「ニキビ」というキーワードを元に、いかに多くのニキビ周辺のターゲットキーワードを拾い、需要に合ったコンテンツを供給しつづけるか、という点をうまくカバーしたコンテンツマーケティングの好例です。

コンテンツマーケティングでユーザー層を獲得

コンテンツマーケティングは、始めるまでは難しく感じてしまうかもしれません。またコンテンツを公開後、短期間でPV数が上がって売上に直結する、という明確な費用対効果は見えにくい点もあります。

そのためなかなか実際にコンテンツマーケティングを行う企業は多くはないのが現状です。ですがコンテンツマーケティングを継続的に行えば、直接的ではなかったとしても、商品やブランド、企業の認知度が上がり、最終的なコンバージョンにつながる可能性は否めません。

コンテンツマーケティングに興味がありつつも躊躇している段階ならば、ぜひ行ってみることをおすすめします。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事