CPR
運営 その他 更新日:2019.10.03

CPR(Cost Per Response)の意味は? CPA、CPOとの違いや計算方法をおさらいしましょう!

ECサイト運営やインターネット関連のマーケティング施策を行っていると、よく目にする指標が複数ありますが、そのうちのひとつに「CPR」が挙げられます。

ですが「CPO」「CPA」といった、似たような用語と定義が混ざってしまい、曖昧なままで使ってしまっている、ということは意外と珍しくありません。

そこで、ここでは「CPO」「CPA」とともに、改めて「CPR」についてご説明します。

CPRとは

CPRとは、英語の“Cost Per Response”(コスト・パー・レスポンス)の頭文字を取った用語です。

レスポンスとは「反応」、つまり、顧客が無料サンプルを申し込んだり会員登録をしたりなど、企業側が目標とする何らかの行動を起こすことを指します。

そのため、“Cost Per Response”とは、「顧客のレスポンス1件あたりの費用」という意味になります。

たとえば

・目標:無料会員登録
・広告費:1,000,000円
・レスポンス(=無料会員登録の購入)の件数:200件


とした場合、CPRは

1,000,000円 ÷ 200件 = 5,000円 

となります。

つまり、顧客が無料会員登録しレスポンスした1件につき、5,000円の費用がかかったことになるのです。

CPOとは

では、CPRと似たような用語である「CPO」とはどのような意味なのでしょうか。

CPOとは、英語の“Cost Per Order”(コスト・パー・オーダー)の頭文字を取った用語です。

オーダーとは「注文」、つまり本品購入・定期コース申し込みなどを指します。そのため、“Cost Per Order”とは、「顧客の注文1件あたりの費用」という意味になります。

たとえば

・目標:本品の購入
・広告費:1,000,000円
・レスポンス(=本品の購入)の件数:200件


とした場合、CPOは

1,000,000円 ÷ 200件 = 5,000円 

となります。

CPRは「注文(Order)」までに行きつく前段階のレスポンス1件に対しての費用を見ており、CPOは本品購入などの「注文」にかかった費用を見ているのです。

CPAとは

では、CPAとはどのような意味なのでしょうか。

CPAとは、英語の“Cost Per Acquisition”(コスト・パー・アクイジション)の頭文字を取った用語です。

アクイジションとは「獲得」という意味であり、主に「ネット広告」経由での「本商品の購入」から「無料サンプル申し込み」まで、広い範囲での「顧客のレスポンス獲得」を指します。

たとえば

・目標:定期コースの申し込み
・広告費:1,000,000円
・獲得(=定期コースの申し込み)の件数:200件


とした場合、CPAは

1,000,000円 ÷ 200件 = 5,000円 

となります。

CPAは「獲得(Acquisition)」1件に対しての費用を見ており、基本的な考え方としては「CPR」「CPO」と同じと捉えることができるのです。

指標の共通認識を定めよう

「CPR」「CPO」「CPA」――これらの指標は、「目標設定をどこに置くか」によって使い方が微妙に変わります。

そのため、部署内などでの共通認識をきちんと定め、なにを指標にマーケティング戦略を立て、改善していくのか、方向性を定めるようにしていきましょう。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事