インスタグラム
スマホ(モバイル) 投稿日:2018.09.04

Instagramで直接買い物ができる、ショップ機能解禁

Facebook、Twitterと共に、SNSで大きなシェアを誇るInstagram。

2010年に公開され現在では、「インスタ映え」などの流行語やインスタグラムを通じて強い影響力を持つ「インスタグラマー」などが誕生するなど、個人間のコミュニケーションだけでなく、ビジネスの潮流をも変えかねない大きな影響力を持つアプリケーションへと成長しました。

このInstagramに2018年6月5日、ショップ機能「Shop Now」が追加されたのをご存知ですか? 今後インターネット通販のスタイルを大きく変えるかもしれないInstagramの新機能。

その可能性を探っていきます。

「Shop Now」とはどのようなもの?

「Shop Now」では、ビジネスアカウントにおいて投稿画像内などに商品のタグ付けができるようになります。このInstagramの投稿画像内のタグをタップすることで、商品名や価格が表示され、さらにそこから商品の詳細ページへと移動でき、商品の購入が行えます。

なお、「Shop Now」を利用するためには

①提供者契約とコマースポリシーに準拠した物理的な製品を販売しているビジネスであること
②Instagramアカウントがビジネスプロフィールに移行済みであること
③ビジネスプロフィールがFacebookカタログにリンクされていること。

という条件があり、さらにInstagramの審査を受ける必要があります。

参照:https://help.instagram.com/1627591223954487?helpref=related&ref=related

ショップ機能は本当に使えるの?

さて、様々な下準備をして導入する「Shop Now」ですが、気になるのは実際に使えるのか、また導入によって購入機会がどのくらい増えるのかという点。

こうした疑問に答えるように、2018年7月にインフルエンサーマーケティングを手がける「株式会社マージェリック」がShop Nowの認知と使用状況を10代〜35歳までの女性を対象に調査した、アンケート結果を発表しています。

この調査によると、「Shop Now」の機能を既に知っているというユーザーは、44.5%。

さらに、Instagramで見つけた商品を購入した経験があるユーザーは、45.8%。

そのうち、70.8%がいわゆる「衝動買いの経験がある」と答えています。

モチベーションを保ったまま、購入までの道筋を立てられる!

Instagramからの商品購入の大きなメリットは、アプリ上で見かけた魅力的な商品をその場で購入できるという点。

これによりユーザーの「欲しい」という動機付けを高いレベルで保ったまま、購入行動を起こさせることができるのです。

現在2000万人を超えるとされるInstagramのユーザー。

この膨大な数の人々に、新たな商品購入を促すチャンネルができることで、今後ECサイトの運営・販売するタイルは大きく変化するかもしれません。

「Shop Now」は海外の企業はもとより、日本でも

BAYCREWS/BOTANIST/creema/Gilt Japan/minne/ZOZOTOWN

などの有名企業が、テスト運用時より導入を行っています。

今後さらに広がると予想されるInstagramを通じた商品販売。

現在ECサイトを運営している皆さんも、まずは新たな流入先の確保のために、情報収集を行ってみてはいかがでしょうか。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事