クレカ決済
運営 その他 投稿日:2018.11.02

ECサイトで利用できる決済方法のメリット・デメリット総まとめ

インターネット上での商取引が発展するにつれ、以前はクレジットカードや銀行振込程度であった決済方法も多彩なものへと変化してきました。

こうした中で、ECサイトの立ち上げた運用時に「どの決済方法を採用すればいいのかわからない……」と頭を悩ませる運営者さんも増えてきているようです。

そこで今回は、現在インターネットでの商取引で使われる主要な決済方法とそのメリット・デメリットを紹介していきます。

決済方法はインターネット上?それともリアルで?

ECサイトでの決済方法には大別すると2つの方法があります。

ひとつは支払いなどが全てインターネット上で完結するもの。

クレジットカード決済/自動引き落とし/ネットバンキング/電子マネー
などがこれにあたります。

もうひとつはインターネット上以外で決済を行うもの。

銀行振込/代金引換/振込票/コンビニ決済/ATM決済
などが該当します。

インターネット上で決済を行う4つの支払い方法のメリット・デメリット

クレジットカード決済

おそらく世界で最も多く使われているECでの決済方法です。住所や氏名と共にクレジット番号を入力して決済を行います。

メリットとしては
■決済が早く商品発送までの時間が短いため、在庫を抱えるリスクが低い
■代金がほぼ確実に回収できる
■決済できない時間帯が存在しない

デメリットとしては
■クレジットカードを所有していなければ選択できない
■不正に入手したクレジットカードを使用される恐れがある
■上記に付随して、不正使用の場合は商品代を返金しなくてはならない

ネットバンキング

インターネット上の銀行から振込を行う方法です。

メリットとしては
■クレジットカード番号などの記載が不要
■支払い金額や口座番号などのミスがない
■24時間利用可能

デメリットとしては
■まだ利用者が少ない
■銀行口座以外にもネットバンク用の口座が必要
■悪意のある第三者に使用される場合がある

自動引き落とし

定期購入などで活躍する自動引き落とし。クレジットカード番号などを登録していただき継続して商品やサービスの費用を引き落とす方法です。

メリットとしては
■一度の登録で継続した支払いが可能
■代金をほぼ確実に回収できる
■顧客への請求に関するアナウンスを逐一行わなくて済む

デメリットとしては
■対応しているECサイトのシステムが少ない

電子マネー

電子マネーにはGoogle payやiTunes ギフトカードなどの事前に費用を支払うプリペイド式のものと、鉄道系カードやFeliCaなどの引き落とし決済を行うポストペイ方式があります。

メリットとしては
■費用の回収率が高い
■クレジットカードを持たない人でも利用できる

デメリットとしては
■不正利用される可能性がある
■ポストペイの場額の上限が低く高額な商品購入につながらない

インターネット上で決済しない5つの支払い方法のメリット・デメリット

銀行振込

かつての通信販売での決済方法の主流。銀行の口座から費用を振り込みます。

メリットとしては
■入金者の素性がはっきりしており、高額決済でも安心度が高い

デメリットとしては
■ECサイトでの対応が難しく、導入に時間がかかる
■銀行の相手いない時間帯は決済が出来ない

代金引換

商品を決済前に発送し、配達業者に商品代金と手数料を支払う方法です。

メリットとしては
■カード番号や口座番号などの入力の手間がない
■商品の代金をほぼ確実に回収できる

デメリットとしては
■支払い拒否などをされた場合、引き取らなければならない可能性がある
■商品が手元に届くまで時間がかかることがあり、費用の回収が遅れる

振込票

商品購入時に支払い票を送ったり、プリントアウトしてお客様が振込を行う方法です。かつてはカタログギフトなどで多く使われていました。

メリットとしては
■コンビニや郵便局など支払える場所が多い
■後払いを希望されるお客様のニーズに合致する
■手元に現金があればだれでも利用できる

デメリットとしては
■支払い票や期限切れ時の再発行など手間がかかる
■代金回収に時間がかかる
■後払いの場合、未払いリスクがある

コンビニ決済

ECサイトで商品を購入した際に提示される支払い番号をメモして、コンビニのレジやチケット端末から決済を行う方法です。

メリットとしては
■コンビニのある地域であれば日本じゅうどこでも24時間支払い可能
■支払い票などの送付の手間がない

デメリットとしては
■大手コンビニチェーンのない地域では利用できない
■コンビニのチケット端末に不慣れな人にとってはハードルが高い

ATM決済

コンビニの場合と同じく、支払い番号をメモして銀行系ATMで支払いを行う方法です。

メリットとしては
■だれでも利用できる
■銀行ATMやコンビニATMがあればどこでも支払い可能

デメリットとしては
■ATM利用時間外は支払い出来ない可能性がある

メリット・デメリットを理解して適した決済方法を選ぼう

インターネット上で決済が完了するものとそうでないもの。どの決済方法を選ぶかは、皆さんの扱う商品やサービスやそれを購入するお客様の支払いニーズに合わせていく必要があります。

それぞれのメリットデメリットを理解し、ECサイトに組み込む際の費用や対応難易度などを加味したうえで、最適なものをお選びください。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事