頒布会(はんぷかい)とは?頒布会形式のショップ事例紹介
プロモーション その他 公開日:2022.05.27

今更聞けない!頒布会(はんぷかい)とは?頒布会形式のショップ事例紹介

ネット通販事業に携わっている方なら、耳にしたことのある販売方法として「頒布会(はんぷかい)」が挙げられるでしょう。

ですが、頒布会の意味が曖昧なままのため、頒布会と定期購入との違いが分からなかったり、「そもそも頒布会ってなに?」という声も少なくなかったりすることも。

そこでここでは、頒布会とはどのような仕組みで行う販売方法なのか、頒布会の特徴やメリットについてご説明します。

頒布会(はんぷかい)とは

「頒布会(はんぷかい)」とは、毎月定期的に異なる商品を会員ユーザーに届ける販売方法のこと。定期購入が、毎月「同じ商品を」届ける点とは異なり、月によって届ける商品が変わるのが特徴です。

たとえば、野菜や果物などの季節による食材や、スイーツやお酒など幾種類もある商品を、基本的に販売者側のセレクトで月ごとに替えて届ける販売形式は、頒布会に当てはまります。

また、毎月あるパーツだけ届けられ、ユーザーは1年かけて毎月のパーツを組み合わせて1つのアイテムを完成させる、といった販売形式も頒布会に当てはまるのです。

ちなみに「頒布」とは、品物や資料などを広く分けて配ることを意味する言葉です。

頒布会に合う商材とは

頒布会形式と定期購入形式、どちらも定期的に自動で会員ユーザーに商品が届けられるため、EC事業担当者としてはどちらを採用するべきか迷うこともあるでしょう。

その場合は、取扱いの多い商材の性質によってどちらがより最適か、想定する必要があります。

頒布会形式の場合、毎月(もしくは任意の間隔)異なる商材を店舗側が選んで届けるため、ユーザーには「今回は何が届くのか楽しみ」といかに思ってもらえるかが継続契約のキーとなります。

そのため、取扱い商材の「同じカテゴリー内での商品数の多さ」がポイントに。また、季節やイベントに合わせたタイムリーな商品を届けることができるかどうかも、ユーザーに飽きられずに楽しんでもらうポイントになります。

反対に定期購入の場合は、基本的に同じ商品が毎月(もしくは任意の間隔)で定期的に届く「安心感」「利便性」をユーザーは求めています。

そのため、扱う商材は健康食品・サプリメントやスキンケア化粧品、コーヒーなどの嗜好品、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、洗剤などの生活消耗品といった、「定番使用で必ず消耗するもの」かつ「なくなると困るもの」がポイントに。

また、単体都度購入よりも定期購入のほうが割引されたり、他の特典がついてきたりする「お得感」も重要になります。

ユーザーが商品が定期的に届くことに求めるメリット・ポイントと商品自体の特徴、また店舗側の商品の取り扱い規模などによって、頒布会か定期購入のどちらの形式を採用するのかを決めるようにしましょう。

頒布会のメリットとは

ユーザー側と店舗側とでの、頒布会のメリットについて見ていきましょう。

まずユーザー側のメリットとしては、個人のセレクトでは出合えないような商品が定期的に自動的に届くこと。目新しい食材・食品などが届くことに、新鮮な驚きや喜びを体験することができます。

店舗側のメリットとしては、やはり定期的な契約関係のため、売上見込みを立てやすい点が挙げられます。また、ユーザーが毎月の店舗セレクトによる商品に興味を持ったり、店舗自体のファンになったりすることで、頒布会以外の単品購入まで行う、クロスセル戦略も狙うことができます。

いわゆる「御用聞き」のような存在になることで、ネット通販でありながら顧客にとって身近で頼りになる店舗として、行事やイベントごとの購入も期待できるようになるのです。

では以下では、頒布会システムを導入しているショップ例を見ていきましょう。

頒布会事例1:FELISSIMO(フェリシモ)

FELISSIMO フェリシモ

1965年創業時、カタログ通販から続いている老舗通販企業の「FELISSIMO(フェリシモ)」。

毎月異なる雑貨やファッションアイテム、スイーツなどが届く頒布会は、確立された世界感にどっぷりと浸りたいユーザーの気持ちにフィットし、個性豊かなラインナップが揃っています。

頒布会事例2:TAKANO(新宿高野)

フルーツ頒布会 - フルーツギフトの果物専門店 新宿高野

1885年創業の高級フルーツ販売やフルーツパーラーなどを展開する「新宿高野」。

フルーツに特化した頒布会は、季節に合わせた旬のフルーツや市場に出回る事の少ないフルーツなどが楽しめ、スペシャル感が味わえます。

頒布会事例3:オールドビンテージ・ドットコム

頒布会セレクション_hanpu _ オールドビンテージ

ワイン好きにとってはたまらない、お好みのワインが毎月届く「オールドビンテージ・ドットコム」。

「日本未入荷ワイン頒布会」「極上ブルゴーニュ頒布会」「ビンテージワイン格安頒布会」「最高級チーズ&ワイン頒布会」など、選択の幅が広いのが人気の理由です。

頒布会システム付きのカートシステム導入

頒布会形式の購入システムをついたカートシステムを導入すれば、定期購入システムと同様、簡単に導入することができます。

同一カテゴリー内での商品展開の幅が広く、クロスセルをよりアップしたいと考えているなら、頒布会形式の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事