chart
運営 その他 更新日:2018.07.09

主要カートシステムの流通総額と導入店舗数|公式サイト・IRに見る流通額まとめ

スマートフォンの普及に伴い、世界レベルで急速な発展を遂げているECサイト業界。当然ながらECサイトをスムーズに稼働させるために必要なカートシステムの流通額や導入店舗数の総数も、年々増加傾向を見せています。

日本国内に限ってみても、多数のカートシステムがあるのは、ECサイトを開業しようとしている、もしくはすでに開業中の方にとっては周知の事実ですね。

そこでここでは国内の主要カートシステムにおける、公式発表されている流通総額と導入(稼働)店舗数をまとめました。

MakeShop(メイクショップ)

「MakeShop」はGMOインターネット株式会社のグループ会社「GMOメイクショップ株式会社」が提供するASPカートシステムです。

MakeShop公式サイトによると、全国22,000店の導入実績があり、直近の2017年度の流通額は1,480億円とのこと。

前年の2016年度の流通額は1,384億円と発表されているため、「前年比6.9%増」という結果になっています。

なおMakeShop公式サイトでは、「6年連続日本一売れているネットショップ構築サービス」と表記されています。

FurtureShop2(フューチャーショップツー)

「FurtureShop2」は、株式会社フューチャーショップが運営するカートシステムです。

FurtureShop2公式サイトによると全国2,300店舗超の導入実績があり、直近の2017年度の流通額は968億円とのこと。

前年の2016年度の流通額は826億円と発表されているため、「前年比17.2%増」という結果になっています。

shopserve(ショップサーブ)

「ショップサーブ」は、株式会社Eストアーが運営するカートシステムです。

ショップサーブ公式サイトによると全国11,590店舗超の導入実績があり、流通額は「創業20年で1兆円」とのこと。つまり累計のため、1年間の流通額とは異なります。

2013年度の時点で「累計6,421億円」、2014年度の時点で「累計7,089億円」、2016年度で「累計1兆円」となり、そこから2017年度の更新がされていないため、おそらく2017年度もおよそ800~850億円かと思われます。

※あくまで推測であり、公式発表ではありません。

リピスト

「リピスト」は、株式会社PRECS(プレックス)が運営する単品定期通販向けカートシステムです。

公式発表によると、全国およそ450店舗の導入実績があり、2017年10月の時点で流通額は年間430億円以上とのこと。

2016年の時点で流通総額が370億円という記載が公式発表としてあるため、「前年比16.2%増」という結果になっています。

その他のカートシステム

その他のカートシステムとして、GMOペパボ株式会社が提供する「カラーミーショップ」は、公式サイトにて「44,000店」に導入されているとありますが、流通額は非公開のため不明です。

おちゃのこネット株式会社が運営する「おちゃのこネット」は、公式サイトにて「10,000店以上」に導入されているとありますが、流通額は非公開のため不明です。

上昇傾向は止まらない!?

流通総額は(非公開も含め)おそらく総じて上昇傾向にあり、EC業界の拡大と比例して導入店舗数も続々と増えていることは想像に難くありません。

今後もこの上昇傾向は留まることなく拡大していくと予想されるため、各カートシステムもサービス内容に細かな特色を出していくと思われます。

これからカートシステムを導入する、または変更をする際の検討材料のひとつとして、流通総額と導入店舗数のチェックを随時行い、その動向を視野に入れておくことをおすすめします。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事