2023年7月1日でGoogle Analyticsのユニバーサルアナリティクスが終了!GA4移行への準備について
運営 その他 公開日:2022.05.20

2023年7月1日でGoogle Analyticsのユニバーサルアナリティクスが終了!GA4移行への準備について

2022年3月16日に「Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)」が2023年7月1日にて終了する、というアナウンスが行われました。

つまり、2023年7月1日からはGA(無償版)上のデータ計測が停止されてしまいます。また、有償版も2023年10月1日に計測終了となります。

計測停止後も閲覧保証期間はあるため、過去のデータを確認することは可能です。ただし閲覧自体も数年以内にはできなくなってしまうとのこと。

このGoogle Analyticsのユニバーサルアナリティクスが終了することについて、現時点での基本情報を以下にご紹介します。

GA計測停止に関する注意事項

ECサイトやメディアなど、何らかのWEBサイト運営に携わっている方ならほぼ毎日のようにチェックされているであろうGoogle Analytics(グーグルアナリティクス。略してGA)。

このGAの無償版(ユニバーサルアナリティクス)が2023年7月1日にて計測停止・終了するというGoogleのアナウンスは、各方面に影響を与えていると言えます。

なお、2023年12月31日以降、(日程は未定)GA(ユニバーサルアナリティクス)の画面自体にアクセスができなくなります。

【過去データはDLしておく】

計測終了後も、2023年7月1日までの過去のデータは、画面上で2023年12月31日までは閲覧することが可能です。

ですが閲覧可能なのは期間限定の処置のため、過去のデータを保存したい場合は、GAの画面上からデータをダウンロードしておくことをおすすめします。

【Google広告と連携している場合】

Google広告とGAを連携している場合は、2023年7月1日以降はGoogle広告にデータが送られなくなります。

GA(ユニバーサルアナリティクス)終了後はGA4へ

では、2023年7月1日以降にアクセスデータを確認するには、どうすればよいでしょうか。

Googleは、Google Analytics 4(略してGA4)へ移行することを推奨しています。GA4は2020年10月に正式リリースされていますが、これを機にGA4に移行せざるを得ないサイトがほとんどかと思われます。

GA4はこれまでのGAとは取得可能データなど、多くの項目や操作方法が異なります。そのため、従来のGAの操作に慣れていたとしても、再度GA4の特徴を学び直す必要があります。

まずがGA4の実装・設定から取り掛かりましょう。

【前年比較したいなら2022年6月末までに要移行】

中には2023年7月までにGA4に移行すればよい、と考えている方もいるかもしれません。

ですが、多くの方が行うであろう「データの前年比較」をしたい場合、2022年6月末までにGA4に移行してデータを蓄積しておかなければ、比較するデータがなくなってしまうため前年比較をすることができなくなります。

※旧GAのデータをGA4にインポートはできません。

先述したようにGA4で取得できるデータは、旧GAとは異なる点も加味しないといけません。

そのため今後のことも想定し、2022年6月末までに移行することが重要となるのです。

早目の移行準備を検討しましょう!

GA4の仕様については、まだ変更されることもあり、Googleからの情報を随時チェックする必要があります。

まずは昨対比較をできるようにするために、2022年6月末までにGA4を移行することを検討しましょう。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事