検索順位が上がりやすいブログコンテンツの書き方とは!?SEOを意識した記事作成のポイントまとめ
プロモーション SEO 更新日:2022.04.26

検索順位が上がりやすいブログコンテンツの書き方とは!?SEOを意識した記事作成のポイントまとめ

ECサイト運営を行っていると、外すことができないWEBマーケティング施策のひとつにコンテンツマーケティングがあります。

コンテンツマーケティングとは、インターネット上でのブログや記事(=コンテンツ)を制作・発信することで、潜在顧客をサイトに流入させ、ブランドやショップなどの認知度を高め、最終的にリピーターやファン(ロイヤルカスタマー)となってもらうことを目的としたマーケティング手法のひとつ。

ただし、すでに認知度の高いサイト上でコンテンツ公開をするのではない場合、どれだけ多くのコンテンツを公開したとしても、一般ユーザーが検索した際に検索順位が上位になければほとんどの方の目には留まらず、当然ながらクリックして流入するユーザー数は少ない結果となります。

そこでここでは、検索順位が上がりやすいブログ・記事コンテンツの書き方のポイントについてご紹介します。

コンテンツマーケティングの目的

最初に、コンテンツマーケティングの基本的な目的についておさらいしましょう。

コンテンツ(ここではWEBサイト上の記事のこと)を掲載する最終目的は、サイトを訪れる人を増やす(集客)ことです。それがひいては、サービスの認知度アップや契約数の増加につながります。

そのため、貴社が扱われるサービス関連の疑問が解消するような記事を書き、読み手(検索ユーザー)に「有益(ためになった)」「貴社や貴社商品・サービスについてもっと知りたい」と感じさせるようなコンテンツ作りが重要となります。

SEO対策1.記事テーマと検索キーワード選定

Googleを主とする検索エンジンでの検索結果画面にコンテンツを上位表示させたい場合、外せないのが「SEO対策」です。

SEOとは日本語で「検索エンジン最適化」を意味し、検索エンジンの仕組みに則って、いかに高評価を受けるコンテンツを作成・公開するかがポイントになります。

つまり、やみくもに書きたいことだけを詰め込んで書いたとしても、ほとんどの場合、簡単に上位表示されるのは難しく、記事数だけが増えてしまうということにもなりかねないのです。

そこで、コンテンツ作成の前段階で最初に押さえるべきなのが、「対象となる検索ユーザーはどのような検索キーワードを使うか」という点です。

対象ユーザーとは、貴社・ブランド・商品にとっての潜在顧客であり、今後リピーターにもなり得るターゲットを指します。

そこで、「対象ユーザーはどのような答えを求めてネット検索をしているのか」という点を踏まえ、その答えを提示するためのコンテンツを作成するために、まずは「記事テーマの決定」と、テーマに対応した「検索キーワードの選定」をする必要があるのです。

【記事テーマ】

コンテンツを作成する目的として、貴サイトへの流入数を増やして最終的にはCVRを上げたい、ということがあるでしょう。

そのため、貴サイトやブランド、商品に関連した大枠の「テーマ」を設定することで、今後顧客になってくれる可能性があるユーザーへアプローチすることができます。

【検索キーワードの選定】 

テーマが決まれば、次はテーマに対応した「検索キーワードの選定」をします。

これは、どのような検索キーワードを使ってユーザーが検索するのか、検索画面に現れるサジェスト機能やGoogleが提供するキーワードプランナーの機能を使えば可能です。

月間の検索ボリューム(月にどのくらいの検索数があるか)もチェックしつつ、どのような意図でユーザーが検索しているのかを想定するポイントにしましょう。

SEO対策2.上位記事の内容チェック

検索キーワードが決まれば、次に実際にその検索キーワードで検索した際に上位表示される記事の内容をチェックしましょう。

それらの上位記事は、Googleなど検索エンジンによって「ユーザーにとって有益で信頼できる」と高評価を受けている記事です。そのため、それらの記事内容を精査することで、ユーザーの検索意図(疑問)にあった内容(疑問への答え・回答)とはどのようなものかを捉える指針とします。

ただし、高評価を受けるには「オリジナリティのある」内容も必要です。また、既存記事のコピペは論外。絶対に行なってはいけません。上位記事の内容はあくまで傾向と対策を立てる参考資料としてください。

SEO対策3.記事の構成の構築

テーマ、キーワード、上位記事の内容チェックをした後は、作成する記事の構成を組み立てます。

以下に、タイトルを含む記事構成とSEO対策としてのポイントを見ていきましょう。

①タイトルでつかむ

タイトルから8割の人が、記事を読むかどうか決めるとも言われており、タイトルはユーザーに対しての「つかみ」となります。

その理由は、ユーザーが該当記事を読むかどうかの決め手は「(読むことで)自分にメリット・役に立つかどうか」のため。貴重な時間を割くことになるため、読む価値があるかどうかの判断を、記事タイトルから行っているのです。

なお、SEO対策(検索結果上位表示)としては、タイトルの前半に、記事のキーワードを入れ込むことが重要です。

②導入部分(冒頭)は問題提起

「あなたは今、こんなことに困っていませんか?」「あなたが抱える問題を解決できる方法がありますよ」「これから紹介する解決策を行えば、あなたの望みは叶えられます」――だから、続きを読みたいですよね。

という流れを導入部分で作ります。

③本文は問題解決の提示

本文内では、最適な方法やある項目に対する詳細情報などの紹介を行います。

その際、具体例や数字(例:このサービスを活用することで▲▲が〇%アップしました)を出すと、信ぴょう性が増し、ユーザビリティが高まるため、検索エンジンの評価も高くなる傾向にあります。

なお、記事作成時に迷子にならないポイントとしては、本文を書いている途中で、自分自身に「なぜ? どういう意味?」という疑問を投げかけること。

その自らの疑問に対しての回答を書くことで、ユーザーの疑問に的確に答える質の良い記事となります。

④まとめは未来を示す

最後のまとめ部分では、「本文内容のポイントの簡単まとめ」+「(あれば)本文中に書ききれなかった『ちょっとしたメリット』」を付け足します。

そうすることで、「以上のことをすれば、あなたの未来は輝きます! 問題が解決されます!」という方向にもっていきます。

記事作成時の注意点

記事の存在意義として、ユーザー(読み手)に最後まで興味を持って読んでもらうことが重要です。

そのため「専門性」がありつつも、難しい専門用語は多用せず、「読みやすさ」を心がけましょう。

「最後まで読んで損がないどころか、得をした」と読み手に思わせればその記事の内容は質の良いことになり、自然とSEO視点での評価高くなります。

オリジナリティのあるユーザビリティの高いコンテンツを作成しよう

「SEOを意識したライティング」と聞くと、身構えてしまいそうですが、基本的にはユーザーにとって役に立つ信頼性のある情報を提供できていれば、上位表示される可能性もまた高くなります。

まずはサイトに合った記事テーマと検索キーワード選定をしっかりと行い、上位記事がなぜ評価されているのか分析した上で、オリジナリティをプラスしたユーザビリティの高いコンテンツを作成しましょう。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事