reCAPTCHA
運営 その他 更新日:2022.02.24

今更聞けない!reCAPTCHAv3って何?メリット・デメリットについて

WEBサイトやオンラインショップ運営・施策に携わる方なら一度は聞いたことのある、スパム対策サービス「reCAPTCHA(リキャプチャ)」。

reCAPTCHAとは、Googleが無料で提供しているサービスであり、WEB画面上でなにか情報を登録する際、認証画面で表示される「私はロボットではありません」という表示のもの。また、この文言にチェックをするだけではなく、自動車や信号機、横断歩道などの画像を選ぶ方法もあります。

reCAPTCHA

以上の操作をユーザーに求めることで、botと人間を区別して不正なトラフィックを検出する、という働きがあるのです。

※「CAPTCHA」自体は、Google以外からも提供されています。「reCAPTCHA」だけがGoogleのサービスです。

このreCAPTCHAには現在3種類(reCAPTCHA v2 invisible、reCAPTCHA v2,reCAPTCHA v3)ありますが、一番新しいバージョンが「reCAPTCHA v3」。

そこでここでは、reCAPTCHA v3とはどういうものなのか、そのメリット・デメリットをご説明します。

reCAPTCHA v3とは

reCAPTCHA v3とは、従来のreCAPTCHA v2のように、ユーザーがチェックボックスにチェックを入れたり、指定されたものが写っている画像を選んだりする必要がなく、自動でbotと人間を区別するサービスのこと。

メリットとしては、ユーザーが煩わされることがないためスムーズに作業を進められ、ひいてはユーザビリティ良く使える点です。

reCAPTCHA v3は、できるだけ複数のページに導入することで、精度が高くなると言われています。

Google検索セントラルブログより

 

reCAPTCHA v3の仕組み

では、どうして自動で区別することができるのでしょうか。実は厳密には、reCAPTCHA v3はreCAPTCHA v2のようにbotと人間を区別している訳ではありません。

reCAPTCHA v3は、人間もbotも分けずにリクエストを通す代わりに、各々のリクエストに対して、人間らしさについての「スコア」(点数)をつけます。そして、そのスコアがしきい値(基準値)よりも低い場合、「人間ではなくbotの可能性が高い」として、次の段階の対処をする必要があるのです。

【対処例】 ・2 段階認証プロセスを求める
・電話での確認

reCAPTCHA v3のデメリット

まずは、サイトの表示速度が遅くなることが挙げられます。

ユーザビリティ評価要因のひとつである「PageSpeed Insights」では、reCAPTCHA v3設置後は評価が低くなる傾向にあると言われています。

次に、残念ながら「しきい値」で判断をするため、botが通ることもあれば、人間が排除されることもある点です。

100%の判断基準ではないため、その後のフォローなども想定しておかないといけません。

reCAPTCHA v3でユーザーがストレスレスに

スパムメールなどの排除のためにも、ぜひ導入しておきたいreCAPTCHA。

reCAPTCHA v3なら、ユーザーの邪魔をしないため、ストレスなく登録作業などを行ってもらえるため、導入をぜひ検討してみてください。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事