wordpress
サイト構築 更新日:2020.07.30

WordPress(ワードプレス)とは?初心者向けWordPress基本情報とメリット・デメリット

ここ数年で、ホームページ作成時などで頻繁に使われるようになった「WordPress(ワードプレス)」。「なんとなく耳にしたことはある」「少しだけ画面を見たことはある」という方は多いかと思います。

ですが、WordPressってなに? と聞かれると、説明するのは難しいですよね。そこで、WordPress初心者の方のために、簡単にWordPress基本情報とメリット・デメリットをご説明します。

WordPressとは

WordPressとは、専門的なプログラミングの知識がなくてもウェブサイトのコンテンツ作りができる、CMSのひとつです。

※CMSとは、「コンテンツマネジメントシステム」の略称。HTMLやCSSといったプログラミングの専門知識がなくても、簡単な操作でウェブサイトの記事や画像を管理・保存・公開・更新などできるシステムのこと。

これまで自力で専門的なHTMLやCSSを書き替えるか、知識がない場合は外注にてサイトの更新などを行わなくてはいけなかったことが、CMSを導入することで多くの人がサイト管理を簡単に行うことができるようになるのです。

WordPressは、このような便利な機能を持つCMSの中でも人気が高いと言えます。

WordPressのメリット・長所

では、なぜWordPressは人気が高いのでしょうか。

先述したように、プログラミングの専門知識がない一般の方でもWordPressを使えば、まるでマイクロソフトのWordを扱うように、コンテンツ記事を入力したり画像を挿入したりするだけで、ウェブサイトでの記事公開を行うことができる点が、現代のウェブメディア隆盛期において非常に重宝されている理由です。

※画像の容量が重くなると表示時間が遅くなるため、原則として画像容量は小さくするようにしましょう。

さらに、非常に利便性が高いにも関わらず、「無料」で使用できるメリットがあります。プログラミングの知識がない人にとっては、いきなり有料のCMSを導入することは上手く使いこなせるか不安であり、それ自体ハードルが高くなってしまいます。

ですがWordPressは無料のため、気軽に導入することができるのです。

※ただし、WordPressのみではウェブサイトを公開することはできません。プラスの作業として、サーバーをレンタルしたり、ドメインを取得したりする必要があります。

なお、レンタルサーバーにWordPressをインストールすることで、WordPressは使用できるようになります。最近では、簡単にサーバーの管理画面からWordPressをインストールできます。

さらに、WordPressには「プラグイン」という機能があります。この機能により、無料の拡張機能を簡単にインストールできるため、基本的な機能のほかに追加で欲しい機能を後から足すことが可能です。

例えば、問い合わせフォームを追加することも、無料プラグインで即できます。

なお、デザインテンプレートは事前にWordPressの管理画面で用意されており、カスタマイズもできるため、自由度が高いとされています。

WordPressのデメリット

ただし、WordPressにもデメリットがあります。

まず、自由度が高い分、知識がない場合はどのようにサイト構築すればよいか迷ってしまい、結局収集がつかなくなるリスクが高いと言えます。そのため、初心者の方は最初に徹底的にページ構成を考える必要があるのです。

ウェブサイトについてまったく知識がなく、初期段階で躓いてしまう場合は、制作会社に基本デザインまでをWordPressで作ってもらい、コンテンツの公開・更新作業から自身で行うようにしましょう。

また、WordPressは世界中で使用されている分、セキュリティ面で心配なこともあります。そのため随時アップデートをして(自動アップデート機能あり)、セキュリティなどの対策を行う必要があります。

WordPressは利便性の高いCMS

以上、WordPressの基本情報とメリットを簡単にまとめました。

「プログラミングの知識はないけれど、記事コンテンツを随時更新していきたい」「コンテンツマーケティングを社内で積極的に行っていきたい」という方にぜひ導入してもらいたいWordPress。

すでにそれなりのプログラミングの知識がある方にとっては、WordPressは(知識があれば)自由度が高くカスタマイズしやすいため、幅広い層にとって利便性の高いCMSと言えるでしょう。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事