Affiliate
プロモーション アフィリエイト 更新日:2019.08.30

アフィリエイトについてもっと知ろう!日本アフィリエイト協議会について

「アフィリエイト」「アフィリエイター」という言葉がインターネット関連のトピックで登場するようになってから随分と久しくなりましたが、なんとなく知っているようでよく分からない……、という方は珍しくありません。

そこで、ここでは改めて「アフィリエイト」とはどういう仕組みを指しているのかについてご説明し、その上で、「日本アフィリエイト協議会」についてご紹介します。

アフィリエイトとは?

「アフィリエイト」(英語で“Affiliate”)とは、直訳すれば「提携する」という意味です。

では何と何が提携するのかと言えば、「(WEB上で記事やブログを書いている・サイト運営している)媒体主」と「(メーカーやショップ運営者・企業など)広告主」が、提携をしている状態を指します。

なお、この媒体主を「アフィリエイトする人」という意味で「アフィリエイター」と呼びます。

そして、これら両者が「提携する」と、アフィリエイターは自身のサイトに広告主の広告バナーを掲載したり、記事内で広告主の商品紹介をして販売ページに誘導したりします。

アフェリエイターのサイト経由で、一般ユーザー(消費者)が広告主の販売ページを訪問し、そこで購入や登録などの目標アクションを起こすと、そこで成果報酬が発生し、アフィリエイターに支払われます。

つまり、広告主にとっては広告効果によって新規顧客の獲得ができ、アフィリエイターにとっては、成果報酬という収入を得ることができる仕組みが「アフィリエイト」なのです。

アフィリエイト関係を結ぶには

事前にEC企業と提携関係にあれば、広告収入を得ることができる、というシンプルな仕組みのアフィリエイト。ですが、そもそも「提携する」とはどのようにすれば良いのか分からない、という方は少なくありません。

そこで登場するのが、「アフィリエイトサービスプロバイダ」(略して“ASP”)というアフィリエイトサービス仲介業者です。

EC企業はASPに、広告を打ちたい商品やサービスを登録します。一方アフィリエイターは、ASPの会員となります。

すると、会員となったアフィリエイターは、自分が提携したい(サイトに掲載したい)と思う商材を選び、提携申請を行う事ができるようになるのです。

企業側が提携申請を完了させれば、アフィリエイトは成立します。その後、一般ユーザーがアフィリエイターの広告を通して購入などをした場合、ASPに広告料金が支払われます。

その後、ASPを介して成功報酬がアフィリエイターに支払われるのが、一般的なアフィリエイトの流れです。

日本アフィリエイト協議会とは

ですが、たとえばASPという1つの業種に注目しても、大小さまざまな会社が多数存在し、広告主として、またはアフィリエイターとして登録する際の取引条件などに差異があります。

また、広告主やアフィリエイターの中には、意図的もしくは無意識のうちに、過剰に一般ユーザーをあおるような過剰な広告手法を取ってしまったりし、社会問題にまで発展することも否めません。

そのため、国内の「アフィリエイト・ビジネスの健全な発展と普及、そして消費者利益と事業者利益の共存と成長を図る事を目的」とした任意団体が存在しています。

それが、2010年発足の「日本アフィリエイト交流振興会」の活動を引き継ぎ、2012年に創設された「日本アフィリエイト協議会」です。

日本アフィリエイト協議会は、アフィリエイトの仕組みを悪用して不当な利益を上げている悪質事業者・商法を排除するために、さまざまな施策を取っています。

さらには、無料でアフィリエイト講座やワークショップを定期開催しており、正しく健全なアフィリエイター・広告主を育てる活動を行っています。

官公庁やマスコミ、海外機関などとも連携し、アフィリエイトのガイドライン作成や不正アフィリエイト対策を行ったり、国際取引の展開活動を行ったりと、国内外の健全なアフィリエイト普及・啓蒙活動を牽引している団体なのです。

正しくアフィリエイト活動を行いましょう

日本アフィリエイト協議会は、基本的に、個人のアフィリエイターからアフィリエイトサイトを運営している法人、また広告主、ASPまで参加することが可能です。

※参加できない条件もあるため、詳細は公式サイトにてご確認ください。

これからアフィリエイターになろうかというアフィリエイト初心者の方、きちんとルールを把握できていない不安がある既存アフィリエイターの方、今後のためにアフィリエイトの仕組みを把握しておきたい広告主のご担当者など、アフィリエイトに少しでも関心がある場合は、日本アフィリエイト協議会の活動をチェックし、正しくアフィリエイト活動を行っていきましょう。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事