ECプラットフォーム
サイト構築 ECサイト構築 更新日:2020.02.26

越境ECカート「Shopify(ショッピファイ)」って?特徴を知って最適なECサイトを作ろう!

インターネットショッピングが当たり前となっている昨今、「ECサイトでの店舗運営を始めたい」と考えている事業者の方は年々増加傾向にあります。

そのような時、手始めに楽天やAmazonなどの大手ECモールに出店することは、サイト構築や集客面など、総合的に考えてコスパが良いと判断できます。

しかし、自社独自のサイト力を高めたい場合は、やはりモールではなく独自ドメインの自社サイト開設のほうが、長期的には存在意義があるでしょう。自社サイトならば顧客のニーズにも対応しやすく、企業やブランドの固定ファンが定着する可能性も高まります。

また、SNSを活用したマーケティング施策においても、モール店舗よりも自社サイトと連携させるほうが有用であると言えるでしょう。

そこで、越境ECカート「Shopify(ショッピファイ)」の登場です。この記事では、自社のECサイト開設をお考えの方に向けて、「Shopify(ショッピファイ)」についてご紹介します。

Shopify(ショッピファイ)とは

「Shopify(ショッピファイ)」とは、世界最大級規模のASP、ECプラットフォームのこと。世界175か国、800,000店舗以上のECサイトで利用されており、Shopify上での総売上額は1,000憶ドル以上とのこと。

個人や中小企業のみならず、Budweiser(バドワイザー)やP&Gなど国際的な大企業も活用している実績があります。

なお、2017年に日本法人が設立されたことから日本語でのサービスが充実し、ここ数年で日本でも利用数が増えてきて認知度もアップしています。

Shopify(ショッピファイ)の特徴

では、Shopify(ショッピファイ)の特徴の一部を、以下に挙げていきます。
※詳細はShopify公式サイトにてご確認ください。

【デザイン】 

まずは何と言っても、テンプレートのデザイン性の高さ。無料・有料含め、70種類を超えるプロデザイナー作成のデザインが揃っています。

また、HTMLやCSSの編集も手軽にできるため、カスタマイズの心配もありません。独自ドメインの使用(現在持っていない場合は、Shopifyで購入可)も可能です。

さらには、携帯電話・ダブレット普及率の高さからも当然のように、モバイルコマース対応済み。スマートフォン経由での閲覧・購入ができます。

【セキュリティ】

ショッピングカートに関しても、無料のSSL証明書が含まれるため、セキュリティは万全。国内外クレジットカード決済、また世界100種類の決済サービスと統合しています。

【バックオフィス】

バックオフィス管理システムも充実。顧客プロフィール管理から注文管理まで、手抜かりなくカバーできます。

在庫管理や商品整理、売上分析などデータ管理も可能です。

【マーケティング】

店舗開設後の集客を目的としたマーケティング活動もカバー。インスタグラムやFacebookなど、主なSNS連携も簡単にでき、SEO対策もサポートしています。

【24時間体制サポート】

Shopifyサポートチームが24時間体制でスタンバイしているため、問題が発生した際もすぐに対応可能。なお、Shopifyによるショップ構築、運用、マーケティングなどをサポート・代行する「Shopifyパートナー」と呼ばれる会社もあるため、全くのネットショップ初心者でも安心です。

【料金】

料金コースは「ベーシック」(月額29米ドル)、「スタンダード」」(月額79米ドル)、「プレミアム」」(月額299米ドル)の3種類。

初期費用自体は掛からず、基本的には月ごとの契約です。

まずは「14日間無料体験」

これからネットショップを始めようと考えている事業主の方は、まずはShopifyの「14日間無料体験」をお試しされてみてはいかがでしょうか。

今後ますます越境ECが当たり前となる時代、国内外どちらにも手抜かりなく対応できるように、ECプラットフォームを良く吟味して活用しましょう。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事