チャット型
サイト構築 ECサイト構築 投稿日:2019.03.06

チャット型入力フォームとは?|会話型フォームで離脱率が大幅に下がるメリット

商品購入や会員登録、資料請求などで利用される入力フォーム(購入フォーム)。しかしせっかく入力フォームにまでユーザーにたどり着いてもらっても、結局入力を完了しないまま離脱するユーザーがおよそ60~70%も存在すると言われています。

CVR(コンバージョン率)を上げて最終的な売上アップを狙いたいのなら、入力フォームでの離脱は出来る限り避けたいですが、ユーザーが入力しなくてはならない項目をまったく無くしてしまう訳にはいきません。

そこで最近注目されているのが、「チャット型入力フォーム」です。ここでは、チャット型入力フォームのメリットについてご説明します。

チャット型入力フォームとは

チャット、つまりは「会話型」のフォームとは、ウェブ上での接客ツールがユーザーと対話形式でコミュニケーションを取りつつ、必須項目を入力させるフォームを意味します。

そもそもなぜ従来の入力フォームでは離脱が多いかと言えば、主な原因として「設問数が多く、心理的に負担」、「半角・全角指定などが煩わしい」「すべて入力し送信した後で(特定の設問回答に対し)エラーが起きて、すべての入力が消えてしまう」が挙げられます。

これらの問題点を解消し、ユーザーの離脱率を大幅に下げることができるのが、「チャット型入力フォーム」なのです。

チャット型入力フォームのメリット

ではチャット型入力フォームは、従来の入力フォームと比べてどのような点が異なるために、離脱率を下げることができるのでしょうか。

【ストレスが軽く、どんどん回答しやすい】

チャット型入力フォーム 会話型のため、接客ツールが順番に「名前」や「住所」などを質問します。この1つ1つの質問に対して、ユーザーは通常のチャット感覚で入力し、答えていきます。

従来の入力フォームのように1ページに大量の設問が並んでいると圧迫感がありますが、チャット形式なら順番に聞かれるため、設問数に負担を感じず、流れに沿って進んでいけるのです。

見慣れたチャット式の画面のため、入力の多さに最初からハードルを感じることなく、ユーザーは回答を進めていきやすいと言えます。

【スマホ対応の入力形式】

入力フォーム以外のページはレスポンシブ対応していたとしても、入力フォームページのみはいまだにレスポンシブ対応していないサイトは少なくありません。

ですがチャット型入力フォームの場合、まさにチャットのため、スマホ対応の見やすい画面にて入力を行う事ができます。

【エラーがその都度修正できる】

接客ツールの質問に1つずつ答えていく形式のため、その入力内容に誤りがあれば、その場ですぐに指摘してもらえます。

そのためすべての入力を終えた後でエラーが起き、最初から入力し直す必要がなく、ユーザーが諦めて離脱をするリスクが軽減できます。

チャット型で入力フォームのわずらわしさを解消

チャット型入力フォームの場合、単なるユーザー単独の「入力作業」ではなく、「接客」や「コミュニケーション」が介在した時間になります。

そのためユーザーは設問に答えつつ、接客ツールとの「相互関係」を無意識に抱きやすくなり、途中で離脱しにくくなる、という心理面もあるのです。

さらにチャット型入力フォームの場合、ユーザー属性によって設問に変化をつけることも可能です。従来の入力フォームのように、ユーザー属性に関わらず同じフォームに入力させるのではないことから、企業側にとっても欲しい情報を取得しやすく、メリットが多くなります。

入力フォームを変えることでCVRが大幅に上がることは、今や珍しくありません。まずはユーザー目線で入力フォームのわずらわしさを解消してみてはいかがでしょうか。

キーワード

登録されたキーワードはありません

Pocket

あわせて読みたい記事